留袖や振袖レンタルでお得にレンタル【イマドキレンタル事情】

 clothes Rental

お手入れが大事

振袖を着たあとで何も手入れをしないままでしまいこんでしまう人がたまにいますが、そのようなことをしていると、カビが生えたりシミができてしまったりする可能性があります。

詳細を読む

着物が着れる

日本の服と言えば着物ですよね。普段は袖を通さない方がほとんどですが、成人式などの特別な日は振袖を着ておめかしをする女性はたくさんいらっしゃいます。レンタルもあり、サービスも充実しているでしょう。

詳細を読む

予算以内におさまる

一生に一度の晴れ舞台になる成人式も、色とりどりの振袖や袴に袖を通した新成人で一杯です。しかし、質の高いものになると着物の値段が高額になりますのでレンタルで安く収めましょう。

詳細を読む

手間がない

留袖のレンタルショップを比較したのはこのサイトです!どこで借りるのが一番お得なのかがわかります!

華やかなよさこい衣装をこちらで作ってもらいませんか?これで踊りにも自然と気合が入っちゃいますね!

どんなことに注意が必要でしょうか

振袖レンタルを利用する人は、大学などの卒業式、成人式が大半で、その他に幼稚園や学校の先生が使用する場合などがあげられるのではないのでしょうか。 卒業式や成人式では、振袖レンタルと着付けやヘアメイクなどがセットになっている場合が多いです。しかし、個人的にレンタルを行う場合は、当日の着付けやヘアメイクを自分で予約しなければならないので注意が必要です。 身近に着付けができる人がいればその人にお願いしたり、ヘアメイクも自分でするか得意な人にお願いする方法もあります。 当日、着付けの場所が自宅から遠いと衣装を運ぶのも大変になったり、余計に早起きしなくてはならなかったりするので、振袖レンタルを行う前に、下調べが必要です。

振袖レンタル以外に自分で用意するものについて

振袖レンタルでは、振袖を着用する場合に用いる物もセットにして一式レンタルすることができます。 肌襦袢や長襦袢、小物入れや足袋、草履、ブーツ、帯などもセットに組み込まれています。 自分で用意しなければならないものとしては、腰回りに厚みを持たせるために巻くタオルを数枚、袖部分がきれいに見えるように袖の中におもりとしていれておくハンカチなどが必要になります。 また、髪飾りなども自分で用意するか、一緒に別料金でレンタルすることが必要になってきます。 レンタルする振袖一式は、前日くらいに自宅、または着付けする場所に配達してもらえます。着付けの場所に配達してもらえると当日楽なので、あらかじめ着付けの場所に連絡しておくとよいでしょう。

必要な小物がまとめて用意されているから、面倒な手間が省ける!和装のレンタルならココ。クリーニング代も含まれていてお得です。

お客様のご要望に合わせて半纏をお作りする事ができます。ココなら素材や染め方を自分で選ぶことができるから満足度が高い仕上がりが期待できます。